>人気記事>事故車の処分に困ったら買取可能かチェックしてもらおう

事故車を廃車処分する時にかかる費用

廃車にする費用は主に解体費用とリサイクル料金です。自走できないほど壊れてしまっている場合はレッカー費用も見込む必要があります。必要書類の作成を自分でやればわずかな用紙代だけで済みますが業者に依頼するとその手数料も加算されます。

事故車買取の手続き手順

傷

業者を決める

事故車を買い取ってくれる業者はたくさんあるので買取業者を選びは重要です。壊れていない部分をパーツとしてとらえるか、アルミなどの素材としてとらえるかなどで査定額が変わるので必ず複数社に査定を依頼しましょう。ある程度の期間付き合う業者にもなるので対応の良し悪しも評価に加えたいところです。

持ち込み日、引き取り日を決める

業者が決まり、契約が成立すれば車を預ける日を決めます。まだ動く状態なら持ち込めますが動かない場合は引き取りを依頼します。レッカー移動の予約になるので空いている日次第では少し時間がかかるポイントです。特定のタイミングだからこそ高く買ってもらえた場合などは十分に注意しましょう。

必要書類を準備する

車検証や自賠責保険証明書は車とセットで必要になります。廃車にするときは業者に委任状も渡す必要があるので難しくはありませんが必要な書類は多いです。印鑑証明のように咄嗟には用意しづらい書類も含まれています。手続きが滞らないように事前に準備をするのが確実です。

事故車の処分に困ったら買取可能かチェックしてもらおう

車輪

事故車を専門業者に買取ってもらう際に注意すべき点

事故車と言ってもすでに修理されており、普通の車と変わらない状態に見えるものは事故車の専門店では買い取り対象外になることがあります。その場合、中古車販売業者に持っていきましょう。他にも事故以外の何らかの原因で動かなくなってしまった車も買い取り対象外です。動かない車としてまとめて考えてしまわずに、査定対象かは十分に確認しましょう。自分も業者も無駄な労力をかけないために必ず知っておくべきポイントです。

広告募集中